相模鉄道「そうにゃんARスタンプラリー」

Antenna America様

相鉄グループの相模鉄道が2022年3月21日(月・祝)から「春のそうにゃんARスタンプラリー」を開催!

「春のそうにゃんARスタンプラリー」の開催にあたって制作された本ARコンテンツには、ノーコードで簡単にWebARが制作できるOnePlanetのAR制作ツール「ロケーショナー(LocationAR)」を採択いただきました。

そうにゃん

また、表示する「3Dそうにゃん」のコンテンツ制作にはOnePlanetのAR&3Dコンテンツスタジオ「spark studio」を採択いただき、3Dモデルで制作された立体的なそうにゃんをAR化し、可愛い動きと共に現実世界に出現させる体験を実装いたしました。

AR技術導入および開催の背景

同スタンプラリーは、新しいワクワクするようなユーザー体験をきっかけに多くのお客さまに相鉄線のことを知っていただき、足を運んでいただき、沿線の魅力を体感していただくことを目的に開催するものです。

これまでのスタンプラリーは紙のスタンプ帳に実際にスタンプを押していただくものでしたが、今回初めてAR(拡張現実)技術を採用しました。

このスタンプラリーは専用のアプリをダウンロードすることなく、その場でQRコードを読み込むだけでいつでも手軽に参加していただけるもので、スマートフォン上に実際の「そうにゃん」が出現したような疑似体験ができます。これにより、さらに「そうにゃん」への親近感とワクワク感を持っていただけます。